便秘に悩む、曰く、生きている証

たぶん、私にも便秘は性懲りもないものなのでしょう。私の場合は、胃薬(主に慢性の潰瘍に効く)と腸の薬(腸内菌の増殖を促し、酵素の分泌を促進する)を一日基本的に、毎食後の朝、夕二回服むことにより、これもたぶんですが、食物繊維と同等の成分を摂取できるのでは? と思うのです。

それと私は、コーヒーの量が多いのです。コーヒーカップでだと、最低でも1日五、六杯は飲みます。でも、私としては、この一日のコーヒー量がベストです。体の面では安定しているし、水分も充分、補給できているはずです。それが、一日に適宜の排便となります。少なくともコーヒーの摂取は、ポリフェノールを摂取するので、私としては良いように思えるのです。
私は推します。便秘解消にはコーヒーです。ブラックが一番だと思えますが、食物繊維が多く含有されているシュガーカットを数滴入れるのも、まあお薦めです。

試しに母に言ってみたものの、実際面では、トイレに行かなきゃという意識だけに留まっています。青汁、乳酸菌のサプリ、黒酢、いろいろ母はやってみたものの、おなかが張る、しんどいと主張するだけでした。

近所の人の言動を仕方なしに信じる人たちも多い現況です。それは、例えば、薬でもいい、サプリでもいい、よく効くと昔からの謂れがある桑の葉の粉末でもいい、四日か五日毎に必ず排泄するならば、それが自分の体のシステム(それっぽく言うそうです)だから。システムがそうならば、変に抵抗しないこと。便秘症は人間だからこそ悩むもので、自分で放っておいてやる。等々です。

だいたい、いろいろ悩むものの結局、何日目かには排泄されますよね。だから、誰もがいつものようにやっている<吐露し続ける勇気>が大事です。私はそれで充分だと思います。
便秘イコール生きている証ですよ。